スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<沖縄ひき逃げ>米兵を追起訴 読谷村・男性死亡(毎日新聞)

 沖縄県読谷村(よみたんそん)で昨年11月、男性がひき逃げされ死亡した事件で、那覇地検は27日、自動車運転過失致死罪で既に起訴していた米陸軍トリイ通信施設(同村)所属の2曹、クライド・ガン容疑者(27)を道交法違反(ひき逃げ)の罪で追起訴した。

 起訴状などによると、11月7日午前5時50分ごろ、読谷村楚辺(そべ)で、散歩をしていた外間(ほかま)政和さん(当時66歳)を車ではね、そのまま逃げたとしている。通行人が同日夕に外間さんの遺体を見つけた。

 ガン被告は米軍が身柄を監視下に置いたため、県警が自動車運転過失致死容疑で書類送検。地検が同罪で起訴し、身柄が日本側に引き渡された後、県警が道交法違反容疑で逮捕していた。

【関連ニュース】
ひき逃げ容疑:米兵を逮捕 沖縄県警
ひき逃げ容疑:米兵逮捕へ 沖縄県警
沖縄ひき逃げ:米兵の容疑者 自動車運転過失致死罪で起訴
沖縄・読谷村のひき逃げ:容疑で米兵逮捕--沖縄県警
沖縄・読谷村のひき逃げ:米兵身柄引き渡し 那覇地検が起訴

橋下知事も執務? “咲洲庁舎”6部4委2100人移転案(産経新聞)
TV報道「関係者」表現、総務相の批判に波紋(読売新聞)
発見遺体は不明女性=中国人男ら遺棄容疑で逮捕へ-兵庫県警(時事通信)
震える声「やってません」=「自白」撤回のテープ再生-足利事件再審公判・宇都宮(時事通信)
海外留学の高校生、ピーク時の7割に(読売新聞)
スポンサーサイト

勢いづく「県外派」=狭まる選択肢-鳩山首相(時事通信)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設受け入れの是非が争点となった24日の名護市長選は、反対派の勝利に終わった。同県内で、県外移設を求める声がさらに強まるのは必至。政府・与党内で、同市辺野古に移設する現行計画は「白紙になった」(外務省筋)との受け止めが広がった。鳩山由紀夫首相は5月までに新たな移設先を選定する方針だが、有力な選択肢がほぼ失われ、決着への道は一層険しくなった。
 「現行計画はもうあり得ない」。防衛省幹部は選挙結果を受け、こう語った。首相周辺からは、日米関係の悪化を懸念し「現行案もゼロではない」との声も聞かれるが、外務省の担当者の一人は、首相が合意破棄を決断する事態を想定し「米国は失望し、日米関係は『低空飛行』に入る」と、危機感をあらわにした。
 首相は現行計画の扱いについて、社民党が強く反対していることを踏まえてあいまいにしてきた。容認派の劣勢が伝えられる中、岡田克也外相が23日の講演で「一つの案」と語った通り、最も有力だったのは間違いない。
 移設先を決める政府・与党検討委の委員長である平野博文官房長官は当初、社民、国民新両党に独自案を1月中に提示するよう求めていたが、各党の作業が進まず、2月第2週に期限をずらしたばかり。5月までの短期間で、「ゼロベース」(首相)から決めることの困難さをうかがわせた。
 首相は「抑止力」の観点から国外移設を否定しており、移設先は国内から探すことになるが、受け入れ先の同意を得るのは容易ではない。仮に同意を得られたとしても、鳩山政権への不信感を募らせる米側との協議に手間取るのは確実だ。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取~
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~

鳩山首相 小沢幹事長の続投表明「現在は支持」と述べる(毎日新聞)
東海道新幹線、運転見合わせ拡大 上下線とも東京-新大阪間に(産経新聞)
ブランド店で900万円相当盗難=男3人、ガラス割り侵入-大阪(時事通信)
<新聞検閲>占領下の実態「証言」呼びかけ…早大メディア研(毎日新聞)
首相「起訴ないこと望む」発言を撤回 衆院予算委(産経新聞)

明石で民家火災、1人死亡(産経新聞)

 27日午前2時50分ごろ、兵庫県明石市藤江の無職、青木和義さん(80)方から出火。木造2階建て民家の2階部分が全焼し、焼け跡から1人の遺体が発見された。明石署は青木さんの可能性があるとみて、身元の特定を行うとともに出火原因を調べている。

【関連記事】
民家火災、独居80歳男性?死亡 兵庫・明石
文化財を守れ! 法隆寺で防火訓練
東京湾・第2海堡の黒煙の正体は? “海上のもしも”に備える訓練の場
不審火で自宅全焼…女子中生を脅迫、龍谷大生を逮捕
小田原の国立印刷局工場で火災 塗料缶に引火か

山崎・保岡両氏の非公認方針を確認 自民、千葉は猪口氏擁立(産経新聞)
赤坂晃容疑者 覚せい剤を使用した罪で起訴…千葉地検(毎日新聞)
電気カーペット パナソニック電工製で焼損事故 リコール(毎日新聞)
11都府県が接種開始=新型ワクチン、健康成人に-厚労省(時事通信)
「認知症加算」、85%が算定―千葉県内のケアマネ事業所(医療介護CBニュース)

参院代表質問 「戦って」発言で首相「検察への圧力ではない」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は20日午前の参院本会議の代表質問で、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入事件に関し、小沢氏に「戦ってください」と語ったことについて「検察に対する圧力という意図も(捜査への)影響もない。検察が公正な捜査をすることを信じている」と述べ、「検察への圧力」との批判を否定した。

 首相の偽装献金事件に関連し実母から12億6千万円の資金提供を受けたことには「資金提供は何も承知していなかった。贈与税を免れようという発想はなかった」と重ねて釈明した。

 同時に、質問に立った自民党の尾辻秀久参院議員会長が「恥じるところがあるなら即刻辞職してほしい」と退陣を迫ると、首相は「天に恥じることがないように、国民の政権交代に対する期待に応えるという使命を果たすのが、首相として責任を果たす道だ」と応じ、総辞職を否定した。

 首相が5年前に出版した「新憲法試案」で憲法改正を訴えたことについては「一人一人が憲法はかくあるべしという考えをもつのは当然だ」とした上で「首相には憲法尊重擁護義務がある。今は私の考え方を申し上げるときではない。在任中も考えない」と言明、持論を封印する考えを示した。

【関連記事】
首相が指揮権発動否定 小沢氏側土地問題 「潔白信じる」
世界の注目指導者3位に小沢氏、首相は入らず 米調査会社
民主は良識まで“交代”か
「身の潔白」早く説明を 首相が小沢氏に望む
鳩山・小沢氏はバッジを外せ 党内の政権交代こそ改革

寺に来客、住職が出たら男が刃物 運営費70万円強奪 東京・高輪(産経新聞)
生物多様性保全で「生きもの委員会」=COP10へ官民でPR-環境省(時事通信)
東京芸術劇場の外部チケットサイト「ガンブラー」感染(産経新聞)
衆院予算委、きょうから本格論戦 自民、審議応じ「ゆっくり追及」(産経新聞)
車輪の格納扉開く、ボンバル機が伊丹に引き返し(読売新聞)
プロフィール

ミスターさいしらとり

Author:ミスターさいしらとり
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。